明日値上げ

回転寿司に行ってお寿司を食べてきました。

 

 

・・・・・・

 

 

割引券も無いのに外食なんてね、

 

例えそれがスシローでも贅沢と言えるよ。

 

 

・・・・

 

 

いや、

 

それは分っているけどね。

 

 

10月の一日から値上げするみたいやし・・・・、

 

 

この国の経済力や水産資源を考えると、

 

一皿100円で食べられることは、

 

もうこの先無いと思うからね。

 

 

せめてもの食べ納めです。

 

 

・・・・・・・・

 

 

鮪や鰺も良かったけど、

 

 

炙ったチーズを乗せたエビやサーモンが美味しかったです。

 

 

チーズとお寿司なんてね、

 

異色顔合わせとも思えるけど、

 

驚くほど合うよ(^^)/

 

 

ただ・・・・、

 

明らかに小振りなっているよね。

 

 

その意味で既に値上げは果たされていると言える。

 

 

まあ、

 

已む無しか。

 

 

・・・・・・

 

 

アメリカのFRBが怒濤の進撃。

 

075%という破格の利上げを3連発。

 

 

インフレ、

 

許さん!!

 

 

”物価の安定”こそがFRBの存在意義であるという、

 

断固とした意思を感じさせる決定です。

 

 

 

しかし、

 

代償も大きいね。

 

 

ダウは3万どころか2万9千円も割りそう。

 

 

日経も2万6千円を切りそう。

 

 

保有株は総崩れ、

 

株式資産は620万円まで激減。

 

 

損失は約326万円に達す。

 

 

・・・・・・

 

 

はあああ・・・・・・、

 

 

日々の倹約が虚しくなるね、

 

 

それでも堪えるしか無い。

 

 

それでも、

 

 

重ね重ね楽天インバースの損失が悔しくてならないよ。

 

 

だって100万近いんだよ、

 

 

舌を噛み切りそうなほど悔しい。

 

 

我慢して保有していれば・・・・(;_;)

 

 

 

 

 

「九条の大罪」     著者:真鍋昌平

 

 

弁護士の使命の一つは、

 

”捜査機関が適正手続きを遵守しているか否かを監視する”こと。

 

 

法治国家では当たり前のことやけどね、

 

この当たり前の事実を理解しない人のなんと多いことか。

 

 

だから”犯罪者に税金で弁護士を付けるなんてケシカラン!”

 

等と言う頓珍漢な発言する馬鹿がいるんよね、それもウンザリするほどね

 

 

・・・・・

 

歴史を紐解けば明らかです。

 

人権侵害の主体はいつの時代も何処の国でも公権力なんよ。

 

 

ある日、いきなり逮捕理由も告げられずに連行されて、

 

そのまま殺されたり、行方不明とかね、

 

 

日本だって昔は幾らでもあったんよね、そういうことが。

 

 

直近ではイランで22歳の女性が拘留中に亡くなったしね。

 

遺族によれが頭蓋骨が砕かれていたとか・・・・、

 

むろん警察は否定。

 

 

・・・・・・

 

 

掛かる暴挙をさせないために弁護士がいるんよね。

 

単に被疑者個人の擁護ではないよ。

 

弁護士が接見することで外部からの監視が機能するんよ。

 

そんで捜査機関に司法制度を守らせるんよ。

 

 

すなわち、”手続保障は人権保障”というね。

 

 

だからこそ接見は秘密が絶対であり、

 

弁護士そのものが自治を保障され監督官庁を持たないんよ。

(このことも殆ど知られてないけどね)

 

弁護士が在野法曹と言われる所以です。

 

 

本書終盤でこの件が出てきてやっと我が意を得たりと感じたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

600万円切りそう・・・

2014年年初から楽天証券で新たに株取引を開始しました。

 

この時点で、

 

JALで110万円、FXで136万円のマイナスを抱えていたよ・・・(-_-;)

 

 

・・・・・

 

 

あれから8年余。

 

100円単位の、

 

徹底して切り詰めた生活の送って、

 

現時点で累計700万円を口座に投入。

 

 

・・・・・・・・

 

 

辛いことあって、

 

苦しいことあって、

 

泣きそうなことも一杯有って、

 

 

一時はプラスになったこともあったけど、

 

 

やはり損ばかりしています(;_;)

 

 

 

・・・・

 

しかしそれでもここ最近の下げっぷりはどうであろう?

 

 

凄い勢いで資産が減少している。

 

評価損額が毎日異常に膨れ上がっているんよね。

 

 

2週間前には650万円やった資産額。

 

今では600万円切りそう・・・・。

 

 

嘘やろ(-_-;)

 

 

あれだけ節約して貯めたお金が蒸発していくよ。

 

 

・・・・・・・

 

 

ダブル・スコープが利益確定(500円だが)出来ていたのは僥倖やったけどね。

 

 

・・・・・・

 

掛かる状況では、

 

 

優待銘柄を狙う機会と、

 

 

自分に信じ込ませる以外に精神の安定を保つ術無し<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

満州アヘンスクワッド」     著者:鹿子

 

 

満州でアヘンで一山当てて、

 

帰国して皆で幸福に暮らそうという主人公の、

 

儚い、そして虫の良い願い。

 

 

・・・・・・

 

 

直近で読んだ、

 

船戸与一の「満州国演義」の記憶が未だ新しい。

 

その所為か、

 

内容がご都合主義に思えて仕方ない。

 

 

現地の軍やアウトロー相手にのし上がっていくけどね、

 

暴力装置相手に素人、というか子どもが何処まで出来るのか?

 

運と勢いだけ。

 

 

没入感を感じられなくて途中で投げた。

 

 

 

いきなり中止

朝方、母から電話が掛かってきて就職の話が中止と一方的に告げられたよ。

 

呆気にとられたけど・・・、

 

まあ、

 

仕方ないよね。

 

 

母がそう言うんだから、

 

 

已む無し<(_ _)>

 

 

・・・・・・・

 

 

これで当分は現状維持かな。

 

 

なんかね、

 

家の前まで来ていた借金取りが引き上げたような気分(-_-;)

 

 

・・・・・・

 

 

そう思っていると、

 

 

ダウがあっさり3万ドルを割った。

 

 

日経も怒濤の下げ。

 

 

今日一日で含み損が10万円を軽く超えたよ。

 

 

ひぇっ!

 

 

・・・・・

 

 

まあね、

 

手持ちの資産の過半は高配当及び優待銘柄に切り替えているので数字ほどのダメージはないけど・・・・、

 

 

それでも10万円を超えるとさすがに身体がおののくよ(>_<)

 

 

掛かる暴落を奇貨として、

 

 

オイレス工業が1,100円、

 

INPXは700円を下値に狙っているんやけどね。

 

 

どうであろう?

 

 

後、決算月が珍しいのでギグワークスも欲しいね。

 

毎月配当が入るのは嬉しいです(´д`)

 

 

ただ、優待が変更になって30%の割引クーポンというのがな、

 

せめて半額なら・・・・・(-_-;)

 

 

 

 

 

追記:先ほど市場が閉まったので確認した。

 

・・・・・

 

・・・・・

 

 

日経は722円も下げている。

 

 

嫌な予感がしてマーケットスピードを開くと・・・・、

 

 

19万1千もの含み損が出ていた!!

 

19万???

 

 

たった一日で????

 

 

あああぁぁぁぁぁああああ!!!!!

 

 

こんなんおかしい、

 

 

絶対におかしいよ。

 

 

とりわけダブルスコープの暴落ぶりときたら、

 

頭おかしくなりそう。

 

 

累計損失は330万円になったよ、

 

 

もう泣きそう;_;)

 

 

 

 

 

「いつか陽のあたる場所で」      著者:乃南アサ

 

 

 

俗に多重債務は真面目な人ほど陥いると聴いたことがね、

 

ちゃんと返済しようとするから多重債務者になってしまうのだと・・・。

 

 

主人公の小森谷芭子嬢を見ているとなるほどと得心がいくよ。

 

一度決めると途中で軌道修正が出来ない性格やね。

 

自分の言葉や決意に縛られるというか。

 

元来、聡明で育ちも良いのにね。

 

 

ただ、少し泣き過ぎちゃうか?

 

人に愛される資質が有るので今後の人生もそう悲観するモノでは無いと思うよ。

 

 

他方の江口綾香嬢は責任感が強すぎて我慢しすぎ。

 

一度切れると歯止めが効かんタイプか。

 

 

10年耐え難きに堪えて、

 

そしていきなり殺害というのはさすがに無いわな・・・。

 

怒りの感情はもっと小出しにするのが吉です(-_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変化が怖い引き籠り

母から感謝の電話があったよ。

 

 

少し遅れたけど、

 

敬老の日に鰻を贈呈したんよね。

 

 

”有り難うね(´д`) でも高かったやろうに~、

 

2・3,000円ぐらいしたのでは?”

 

 

・・・・・・

 

 

いや、

 

4,300円したんですけどね、

 

白焼きやしさ。

 

 

まあ、

 

それはいいけど・・・・・(-_-)

 

 

・・・・・

 

 

まあ、

 

それはホントにいいやけどね、

 

 

その後に就職の話になったよ。

 

市役所の福祉関係とか、

 

よく判らんけどね。

 

 

・・・・・

 

 

一気に気持ちが重たくなったよ。

 

 

もうね、

 

何かするのが嫌なんよね、

 

新しいことや変化が億劫なんよね。

 

飲む以外の全てが大義なんやね。

 

酒で人生を誤魔化すだけの日々やからね。

 

 

今更ね、

 

上手くいくとはとても思わんしね。

 

 

・・・・・

 

 

母はまだ諦めてないんやね、

 

 

この不惑の底辺引き籠りを。

 

 

鉛でも飲んだ気分で電話を切ったよ、

 

 

後悔ばかりが頭に浮かぶ・・・・。

 

 

泣きそうになったので、

 

お酒飲んで心に麻酔をかけました(;_;)

 

 

ふっくら、しっぽり 通に楽しむ うなぎの白焼き | ふるさと納税 ...

 

 

パソコンが正気に

1週間前にいきなりパソコンが別人になったんよね。

 

 

電源を入れた途端、

 

延々と更新が始まって。

 

 

終わったと思ったら既に別人に・・・・(-_-;)

 

 

・・・・・

 

 

何が起きたのかサッパリ分らなかったよ。

 

 

一応機能上の瑕疵は無かったけどね、

 

酷く困惑したわ。

 

 

「ユーザープロファイルにトラブルが発生し、一時的なプロファイルでパソコンにサインインされている状況~」とのカスタマーからの回答やけど、

 

 

これもサッパリ理解出来なんだよ(-_-;)

 

 

ただ指示に従い、

 

セーフモードからの再起動でようやく復元しました。

 

 

・・・・・

 

 

はあああ・・・・・・、

 

 

パソコン自体は戻ったけどね、

 

 

マーケットスピードはもう一度カスタムし直すハメに。

 

難儀やったわ(-_-;)

 

 

マイクロソフトって、

 

一方的に、そして強制的にプログラムを送りつけてくるんやね。

 

 

使い手の意思なんか関係無くさ。

 

プラットフォームを支配しているが故の傲慢さやね。

 

 

こんなこと二度と起きて欲しくないけど、

 

 

”それは保証出来ない”だって・・・・(>_<)

 

 

 

 

 

「忌神怪談」      著者:幽木武彦

 

 

こういう世界でも色恋沙汰で揉めるケースあるんやね。

 

まあ、

 

人間なんで当然か。

 

 

・・・・・・・・・

 

母を喪い傷心の藍子嬢。

 

それに付け込んで愛染明王の呪法をかけてくる阿闍梨

 

もはやストーカーである。

 

 

そうはさせまいと結界を張る師匠との呪法合戦。

 

・・・・・

 

 

なんやねん、これは(-_-;)

 

 

怪談じゃ無くてワイドショーネタやん。

 

利己的な目的で密教を利用して、

 

愛染さんは罰を当てないのですかね?

 

 

算命学は凄いと思うけど。

 

 

 

 

100歳がいっぱい

台風と国葬のニュースばかりの連休でした。

 

 

しかし、

 

大阪南は雨風ともにそれほどでも無かったね。

 

 

まあ、

 

相変わらお酒ばかり飲んで無産の日々なので関係ないけどね。

 

 

・・・・・・

 

 

100歳の高齢者が9万人超えと聴いてたじろぐ。

 

 

52年連続で増え続けたとか・・・・。

 

 

・・・・・・・・

 

 

半世紀以上に亘ってジジババが増殖される国、日本。

 

 

 

ひぇっ!

 

 

因みに、

 

新生児は団塊時代の三分の一以下。

 

 

・・・・・・

 

 

まあね、

 

地球にとっては朗報かもだけど、

 

 

アフリカや東南アジアの人口爆発を考えれば意味ないかな?

 

 

・・・・・

 

 

少し遅くなったけど、

 

母に敬老の日プレゼントを贈ろうと思う。

 

 

去年は甘味やったかな?

 

今年はウナギなんてどうかな。

 

 

 

長寿を祈る<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

「無年金者 ちとせの告白」     著者:西尾潤

 

 

衝撃的なタイトルだけど、

 

あんまり内容とは関係ないよ。

 

 

世間から居場所がなく邪険に扱われている日々やけど、

 

仲間がいるが救いです。

 

 

悩みを共有できる友達がいるのといないのでは、

 

生活の質がまるで違うと思うよ。

 

 

貧乏だけど貧困ではないというかね。

 

 

 

最初は高齢者の貧困を扱った内容と思っていたけど、

 

途中から犯罪ものになったわ。

 

 

今まで堅気だったのにいきなり”人間を溶かす”って、

 

ずいぶん唐突で面食らった。

 

 

同世代の引き籠もりも出てくるし、

 

終わり方も消化不良の印象。

 

 

それなりに読めたけど、

 

いろいろ詰めすぎやと思う。

 

 

 

3円を惜しんで惨事に

やってしまった(>_<)

 

配達後に寄った24時間スーパー。

 

 

そこで買ったウィスキーを落とすという痛恨のミス!

 

 

たちまち700㎖の琥珀の液体が床に広がっていったよ。

 

アルコール度数が40度もあるので匂いも凄い。

 

 

自分の迂闊さと不注意さを呪ったよ。

 

 

・・・・・・

 

 

冷ややかな店員の眼差しを受けながら、

 

破片を拾い雑巾掛けする不惑の底辺。

 

 

 

惨めさと情けなさで泣きそう(/_;)

 

 

こんなことなら最初からレジ袋を貰っておけば良かったね。

 

ケチったために700円を失い掃除までする羽目に。

 

 

貧乏人あるあるですね。

 

 

・・・・

 

毎日しんどいよ。

 

 

何処かに、

 

良いこと落ちてないものだろうか(/_;)

 

 

 

 

不夜城」      著者:馳星周

 

 

新宿歌舞伎町に巣くっているアウトローのお話。

 

 

性格の悪い奴と頭の悪い奴と運の悪い奴しか出てこない。

 

 

一人称で語られる、

 

虚無的な文体に惹かれる部分もあるけど、

 

劉健一の自分語りが白々しくて興ざめする。

 

国語教師との情事に至っては意味不明。

 

 

最初は船戸与一を彷彿させたが、

 

まるで似て異なるよ。

 

 

そもそも、

 

本作が吉川英治文学賞とはね・・・、

 

 

・・・・

 

 

いや、これ、

 

文学賞???